松山俊太郎先生執筆目録 1986~1990

年(年齢)発行日種別目録出版社
1986(56歳)    
 4.2翻訳わが民族の哲学(冠幸子との共訳)
サティヤム(冠幸子との共訳)
宗教会議における講演(冠幸子との共訳)
宗教会議に送るメッセージ(冠幸子との共訳)
第三文明社
  解説タゴール、大異インドの人格化 
タゴール著作集 7 哲学・思想論集
 
     
1987(57歳)    
 12.15インタビュー弥勒変幻―
タルホ作品のヴァリアントをめぐって P50~53
「別冊幻想文学3 タルホ・スペシャル」
幻想文学出版局
     
1988(58歳)    
 3.1 インドを語る 〈神田・美学校における講義録〉  
単行本
白順社
 11.01インタビュー澁澤さんのこと〈P80~85〉 別冊幻想文学 
澁澤龍彦スペシャル1」
幻想文学
出版局
 11.3インタビュー「丸ごと謎の人、天才的でなく天才であった」
アスベスト館通信・9号(土方巽追悼)
アスベスト館
     
1989(59歳)    
 5.1 釈尊の覚りと理性(P85~91) 仏教No7 法蔵館
 7.2インタビュー宗教の意味・思想の意味(P12〜27)
(聞き手・小阪修平)ORGAN#7 
現代書館
 8.2 THE EHON 堀内誠一さんの思い出
別冊淡々 創刊号
淡々会
 10.25インタビュー虫太郎を語るP9~12 彷書月間89年11月号 弘隆社
     
1990(60歳)    
  対談法・国家・人間の観察
(対談・西垣内堅佑) 「CAHOOTS」
白順社
 6.01書評「裸婦の中の裸婦」「澁澤龍彦考」マリ・クレ-ル
新文芸読本 澁澤龍彦 93.04.25.河出書房新社 に再録 
中央公論社
 11 作者の死と畢生の作 「オーパス」 
 10.31対談永遠の廃墟『黒死館』をめぐって
(対談・紀田順一郎) 
小栗虫太郎ワンダーランド
沖積舎
 12.05インタビュ-善悪対談1、善悪の誕生
-何が善で、何が悪か。
はたまた善も悪も無となるか。
インド人もびっくり。
放埒思考家、松山俊太郎氏に聞く。
〈聞き手・後藤繁雄〉花椿1991・1月号(P21〜23)
「善悪対談」1993 用美社に再録
資生堂出版部
 5.15インタビュ-顕現する才知、メンズビギを纏う-2(P60~61)
梵文学に秘められた〈蓮〉というメタファ-を
永劫求めつづける異端学者・松山俊太郎
-取材・文・二村好昭、ブル-タス1990・ 5/15号
マガジンハウス
 9.01インタビュ-フェミニストだから、
日に30回は女たちに殺意を感じる(P47)
ブル-タス1990・9・1号
マガジンハウス
 9.3インタビュ-虫太郎研究という不可能願望(P64〜69)
幻想文学30号 
幻想文学
出版局
 12.5寄稿めでたい方舟
「風紋二十五年」
「風紋二十五年」の本をつくる会
 12.06インタビュ-素朴を衒ったいやらしさがないのがいい(P64)
自由時間第3号 
マガジンハウス 
     
戻る

Mekaru Atelier